転職で成功の最近のブログ記事

面接の採用不採用は外見重視

001.jpg面接で採用不採用が決まるポイントは、どんなことが見られているかわかりますか。ほとんどの採用者が口にするのが面接時の質疑応答での受け答え方です。やはり質問に対しての回答をどのように答えるかでその人の能力はある程度わかります。このポイントは最も重要になると思います。

次いで面接時の第一印象、受付の際の対応の仕方、電話での問い合わせ、志望動機、退職理由、職務経歴などが上げられます。

しかしここで注意したいことがあります。それは内容面より印象面を意外と重視している点です。どうしても人間は第一印象である程度のイメージをつくってしまいます。映画のようにボロボロの人間が大成功を収めるなんてことはあっても通常の面接では100%あり得ません。

つまり第一印象はいいに越したことはありません。内面もそうですが外見も磨く必要があります。

履歴書は手書きで書く

002.jpg最近の履歴書でワードやエクセルで作成している人を見かけることがあります。中高年の人に多くパソコンを使えることをアピールしているのでしょうか。では採用担当者は履歴書のどこを見ているのか気になりますよね。企業の採用担当者は履歴書を見ていい評価をしているポイントは、文字の丁寧さ、次いで文字がきれい、手書きで書いている点を注意してみているようです。

反面履歴書で悪い評価を得ている点は、いかにも使い回しをしているとわかる履歴書、転職回数が多く職業に一貫性がない、修正液で修正している、職務経歴に空白期間がある、その理由が明白でない、スナップ写真を使用しているなどです。それと同校や同社など省略に使う表現は、評価には影響は無いようです。

では採用担当は履歴書からどういった点を判断しているかというと、応募者の一般常識の度合いを判断しています。そして入社の意欲の強さ、人柄、実務能力といったところです。履歴書は誰もが同じ項目を書いていくのですが、採用者はこのような情報を履歴書から読み取っています。

つまり、このようなことを考えて履歴書を作成すれば転職・就職が成功しやすくなると言うことです。いかに履歴書で上手く伝えられるかがポイント。

転職で仕事探しよう

転職は自己実現のための新たな人生の始まりです。転職はスキルアップやレベルアップ、年収アップには大切な方法の一つです。

昔なら石の上にも三年なんて言われていました。辛抱して頑張れば必ずうまくいく、成功するという意味なのですが、今では自分に合わないつらい仕事で働いていたら、鬱病など精神的にも肉体的にもボロボロになり成功どころか病気になってしまいます。気づいたときには転職の厳しい中高年になりもう転職先が少ないなんてことにもなります。

運良く就職できても自分が思っているような仕事ができなかったり、希望と違う仕事をさせられたりとなかなか希望通りに仕事ができないのが現実のようです。そんな毎日が嫌になり転職を考えるようになるのですがなかなか希望するような転職先を見つけることはできません。適当に就職先を決めてしまうと、それを理由にまた転職活動する羽目になります。

仕事は生活する上で非常に大切なものです。ほとんどの時間を仕事で使います。また結婚などしていて妻や子供など家族がいたらそう簡単には転職はできません。会社に家族に知られたら大変なことになります。そうならない為にも転職活動をうまくやり成功できる方法を考えないといけません。